管理人は超つらいよ   
マンション管理最前線

ドアホン(ピンポン)の老朽化に悩む





 これから管理人になる人に言いたいのですが、「ほんと、古いマンションは大変だよ」。あちこち、不具合が発生して、その対応で獅子てんやわんやだから。

 今、巷では「アップル社」の「アイフォーン」がブームになっていますが、われわれマンション管理業界の人間にとっての「アイホン」は、ドアフォン(いわゆる「ピンポン」と鳴らす、玄関ドアの横についているインターホンのこと)のほうが有名です。

 さて、このドアホンなんですが、メーカー側が言っている「寿命」は15年だそうです。というわけで、当マンションのような古いマンション(オートロックではない)では、やはり、故障があいつぎ、だいたい、半数の世帯で、すでに交換をしています。過去に2度ほど、「管理組合で工事を斡旋しますから申し込んで下さい」ということもやっています。交換工事のたびにいろいろな機種を取り付けるので、各部屋バラバラで外見はみっともないです。

 ドアホンで困るのは、「現在、ドアホンを扱っているメーカーが「アイホン」と「松下」の事実上2社しかない、ということです。当マンションが建設された頃は、別の会社でも作っていたんですが、今は製造中止になっています。当マンションでも、故障が発生すると、「新品交換はもったいない。修理で直してよ」という要望が来るのですが、なにせ、作ったメーカーが今は製造中止なので、修理もできません。それで、必然的に「新品交換しかない」ということになります。

 となると、映像なしの最低のタイプでも2万円はかかるわけでして。

 「そんなお金ないから、そのままでいいわ」という人がけっこういて、困ってるんです。また、ドアホンの故障というのは、居住者本人がなかなか気が付かない、という面があります。特に単身者の場合、自分で自分の部屋のドアホンを押すことはまずありません。来客だけです。ですから、来客が「このドアホン、故障してますよ!」と教えてくれない限り、故障に気が付かないんです。

 そんなわけで、おそらく推測するに、今、当マンションでは「10世帯」くらいの部屋で、ドアホンが故障したままになっていると思われます。

 故障している部屋では、「故障してますから鳴りません。ドアを叩いてください」と貼り紙をしている人もいるんですが、「どうせ、うちの部屋に来るのなんて、怪しいセールスとかそんなのばかりだから、鳴らないほうが好都合だ」ということで、私が「故障してますよ」と注意しても、「わざとそのままにしているのよ」と返答し、何も書かない人も多いです。

 でも、かわいそうなのは宅配便のお兄さんとかで、「この部屋、電気メーターも回ってるし、部屋の中にいるはずなのに、何度、ピンポンしても、返事がないんですよ。管理人さん、かわりに荷物を預かってくれませんか?」となり、お鉢がこっちに回ってくるのです。やっぱり、ちゃんと直して欲しいなあ、と思います。

 昨日、相談に見えた住民は、賃貸入居の人なんですが、「ドアホンが故障しているので、大家さんに修