管理人は超つらいよ   
マンション管理最前線

マナー違反や迷惑行為を誘発しやすい構造に
設計するほうにも責任があると思うのです









2016/5

 日頃から私は「マンションを設計する建築士さんは、マンション管理人の意見も聞いて設計して欲しい。建築士さんは現実をわかっていない」と言っておりますが、ほんと、そう思うのです。

 実は先ほど、当マンションから400mほど離れたところにある、別のマンションの管理人さんが、当管理室にやってきて、苦情を言ってきました。
 
「おたくのマンションの住民である高齢者数名が、いつも、うちのマンションの前の植栽部分の柵の上で、腰掛けて休憩をする。迷惑なのでやめさせて欲しい」という内容です。その管理人さんが、当人に直接注意しても、「いいじゃないのよ! 減るもんじゃないし」と言い返されるので、「管理組合としてなんとかして欲しい」と、当マンションにやってきたようです。(ということは、その高齢者のあとをつけて、住所を調べたということなんでしょう。お疲れ様です)

 私も同じ管理人職ですから、「敷地外のことは関係ねえよ!」と門前払いするわけにもいかず、特に、「座って休憩する際にタバコを一服して、その吸い殻を植えこみに投げ捨てる男性高齢者もいる」ということなので、丁寧に対応をし、すぐに「マナーを守りましょう」的な掲示物を作成し貼り出しました。

マンションでは、マンションの建物の外の、「境界部分」には、このような植栽が作られていることが多いです。この写真の建物では、金属製の柵がいっしょにあったり、植木が道路側にはみ出ているので座りにくい、という構造で、ここでは、人が座って休憩をする、という光景は見られませんが、マンションによっては、「座るのにちょうどいい作りになっている」というところがあるのです。
 「タイル部分の高さがちょうどいい」「幅が広くて座りやすい」「清掃が行き届いていて清潔なので座りやすい」「風通しがよく乾きやすいので、雨が降ったあともすぐに座れるようになる」「植栽がきれいに刈り込まれているので座りやすい」・・・ いろいろな条件が重なると、「休憩用ベンチ」と化してしまいます。
 特に苦情主のマンションは、「当マンション」と「当マンション住民がよく利用する中型スーパー」のちょうど中間地点にあり、特に買い物帰りの人が、「ちょっと疲れたなあ。家に戻る前に、ここで一休みしよう」と思うような場所なのです。そういうわけで、うちの高齢者住民が、ここを「休憩する定位置」としてしまっているようです。

 こういうのも、設計時点で、「座りにくい構造」「座りにくい植物の植え方」といったものを考えて作れば、誰も座らないのです。もしくは、逆に、「ここで自由にお座り下さい」みたいなベンチをわざと置くというのも、「地元地域への貢献」という面ではいいかもしれません。(管理人は大変だ